フルカ峠〜グリムゼル峠
Passo トップページサンゴッタルド峠〜フルカ峠〜ローヌ氷河〜グリムゼル峠
ティチーノ州側、南側からサンゴッタルド峠に入り、峠越えの後、フルカ峠に入ります。フルカ峠は峠越えの後ローヌ氷河まで行き、ローヌ氷河とその先のグリムゼル峠を見てきました。
スイス中央アルプスには4つの有名な峠が四角形に存在しています。南にある東西にある走る峠道がフルカ峠(フルカパスと言います。)、西にある南北に走る峠がグリムゼル峠(グリムゼルパス)、北にある東西に走る一番新しい峠道がスーステン峠(スーステンパス)、そして現在その下に長大なトンネルを持つサンゴッタルド峠(サンゴッタルドパス)があります。フルカ峠より南側に東西に走る峠はヌフェネン峠(ヌフェネンパス)です。全体の位置関係はサンゴッタルド峠ページをご参照下さい。

フルカ峠には、サンゴッタルド峠を越えなくても一旦、サンゴッタルドトンネル(17km)を抜け、アンデルマット方面へ引き返してから行く方法もあります。その場合、悪魔の橋が見れます。
フルカ峠(フルカパス)にはいります。他の峠と峠そのものが長いので、峠の写真としてはわかりにくいかも知れません。

峠道は古いものですが、そんなに悪くありませんので、開通している時期であれば普通の車で問題ないと思います。寒い時期の雨後や開通直後、閉鎖前はスタッドレスタイヤは必須です。

道は細く、反対側から車が来ると譲り合わなければなりません。バスが来たときは大変です。強引に行こうとせず、前方に自動車が見えたら、譲れる場所をすぐに探してよけることをお勧めします。登り道の変な場所で行き違うことになったらもう大変です。特に相手がバスの場合は、自分が下がるしかありません。いつでも譲ると思っていれば、逆に早く目的地に着くことができると思います。
峠道の間を縫って、放牧されています。いっぱいいます。初めは珍しくて写真を撮ってしまいましたが、、。
峠途中から見下ろした写真です。
あっという間に森林限界を超えます。
森林限界より上のドライブは快適です。スイスならではかもしれません。ゆっくり走りましょう。
途中、滝がありました。なんとここからハイキングコース出発です。
滝の横にあるハイキングコース出発点。家族連れの方が、ベビーカーを抱えて登っていました。

おそらく、ここから出発すれば、ローヌ氷河の上を歩くことができるのかなと想像しています。相当な距離を歩くとは思いますが。
ハイキングコース出発点から少しだけハイキングコース沿いに歩いて(登って)見ました。

そこからの風景です。
登ったところです。荒涼としています。テントを張っている方がいらっしゃいました。
滝の上。とっても冷たくてきれいです。
フルカ峠最高到達点です。
フルカ峠最高到達点の駐車場からの写真です。
これはなんという山でしょう。この山の向こうには、ユングフラウやアレッチ氷河があります。
そしてそこから5分。グリムゼル峠(グリムゼルパス)が見えてきました。

ローヌ氷河まで目と鼻の距離です。

ちなみに旧鉄道路線を復旧したSLがこの下を走っており、トンネルを抜けた直後右斜め後ろ上方を見てください。ひょっとするとローヌ氷河が見えるかも知れません。
ローヌ氷河へ